ドラマQ - テレビドラマ情報 みんなのドラマレビューブログ記事 新作ドラマ 出演者 スタッフ みどころ など

新ドラマQ

ドラマ系ブログの最新記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-) | はてなブックマーク - スポンサーサイト

オトナ女子

オトナ女子
木曜 22:00 フジテレビ
2015年10月15日~12月17日(10回)

[キャスト]
篠原涼子 江口洋介 吉瀬美智子 鈴木砂羽 谷原章介 ほか

[スタッフ]
脚本:尾崎将也
演出:田中亮、関野宗紀
主題歌:中島美嘉 「花束」
制作:フジテレビジョン

[概要]
“オトナ”になっても“女子”。

公式サイト
オトナ女子 - フジテレビ

オトナ女子 Blu-ray BOX
[ 2015/12/17 17:24 ] 2015年10月期 | TB(20) | CM(-) | はてなブックマーク - オトナ女子
スポンサーリンク

トラックバック:
この記事のトラックバック URL

トラックバックがとばない場合はこちらを確認してみてください

 高山は小説を出す事を許して欲しいと亜紀に頼みに来ます。  亜紀は怒って取り合いません。{%怒りwebry%}  そんな時、池田が亜紀に再び交際をと申し込みます。  でも亜紀は断ります。{%ハート3webry%}  高山が待っていました。  これを読んで欲しいと小説の原稿を差し出します。  亜紀が拒むと高山は橋の上からばら撒きます。  後で亜紀はそれを回収して読みます。  自...
 第9話の見どころは、ソファの上で驚くちくわ。  いや、高山がさり気なく亜紀と手をつなぐシーン。  そして亜紀、萌子、みどり3人での女子会復活でした。  コスチュームの差に不満だった鈴木砂羽のために、吉瀬美智子がやや地味目な格好をしてる様に見えたのだけど。  篠原涼子もシンプルな感じだし。  (ただオフィスへ着ていくコートなどはかなりの高級品だと思う。)  みどりは逆にややオシャ...
 亜紀と高山がついにいい雰囲気へと。  高山はチケットを渡し、レストランのライブへ誘いますが、行く途中美和からの電話で車を降りてしまう亜紀。  でも後に亜紀が連絡すると、高山は閉店間際のレストランで食事をしていました。  すっぴんのまま駆け付ける亜紀。  二人で定食屋に入って卵かけご飯を食べます。
 篠原涼子のPVのようなドラマになってきたなあ。  化粧を落としている姿も、ちくわを膝に抱いてつぶやく場面も、髪を無造作に束ねた格好も。  池田の別れ話を聞いている時のしゅ~んとした表情も。  飲んで荒れてクダをまいてる時でさえ。  自然体で可愛くて気取りが無くて、ギュッてしたくなる。{%ハート2webry%}  ホント、キュートな女子そのもの。  適当に気崩した感の浴衣姿も、ま...
 ちくわとキスする亜紀。{%キスマークwebry%}  池田と付き合っていても、どこか物足りない。  猫ちゃんを抱いて寂しさの訳を知ろうとする。  こういうシーンは可笑しい。自然体な亜紀がいい。  萌子とみどりの恋や日常のエピソードは、ヒロインの亜紀に比べると軽かったり雑だったり。
    なんだか、見てて恥ずかしくなるくらい ガキっぽいよね。 本当に、すべてが古すぎるし これ、絶対女目線で作ってないだろ。っていう感じ。 馬鹿馬鹿しくて、マジメに見てらんない。 教師が夜な夜なダンスを踊ってるって、 どんだけ暇な教師なんだよ。 今の教師は、教材だのなんだの自宅に持ち帰っても 時間が足りないって、よくやってるし。 しかも、担任持ってるんでしょ...
 脚本が幼稚な感じはするけど、出演者の方々が魅力的なので何とか見てます。  斎藤工の自己中心的なクズ男。  よくこんな役引き受けたなと。{%がっかり(orZ)webry%}  第1話で退場かと思いきや、悪びれもせず復縁を迫り、「水に流そう。」と自分が言う、セリフの一つ一つが単純明快で何の創意工夫も無いキャラ。  これでミュージシャンなのか?とあきれるのですが…。  江口洋介を引き立...
    えええ~ なんて言ったの?なんて言ったの? 江口洋介は、しつこく篠原涼子につきまとう ダメんず年下男、斎藤工が わざとらしく、知り合いもいる、仕事の取引相手でもある 脚本家の高山(江口洋介)が 必ずいるカフェに必ず行く亜紀(篠原涼子)を 再び戻ってきてしまった伸治(斎藤工)が追いかけ その店へ・・・。 これって、どうよ・・・。 最初っから、この店、行きつ...
 篠原涼子のコスチューム、着こなし方やアクセサリー、バッグなど見るのが楽しみです。  ビジュアルが魅力的です。  あと江口洋介や谷原章介は大人で素敵だし。  谷原章介の社長が野鳥オタクというオチは可笑しかった。  吉瀬美智子を「昼顔」のように本気な女性に描いてないのには、きっと訳がありますね。  あそこで本気な大人の関係にまで発展させたら、テイストが急に濃くなって、ちょっとね…。 ...
  もはや汚点扱いになってる斎藤工の存在^^; てっきり、1話で出番終わりかと思ったら 予告でも、出てきてるし 今回も回想シーンガンガン出てたし 売れないミュジシャンが、じょじょに売れて プロモーションが流れてるところを篠原涼子が見てたり。 なんか、「アキじゃなきゃダメなんだ!!!」って 未練たらたらで、再び出てくるようだし。 もう、これは、イメージダウンも、い...
フジテレビ系・木曜劇場『オトナ女子』(公式) 第2話『恋と人生の大逆転い』の感想。 「恋愛アプリ」の監修を引き受けた高山(江口洋介)が、会議に出席。しかし、口をついて出るのは嫌みや皮肉ばかりで、亜紀(篠原涼子)はいら立ちを隠せない。そんな中、部内では社長・純一(谷原章介)の女遊び、口説きのパターンが話題になる。そして、美和(市川実和子)が仕入れた情報に全員...
篠原涼子ヒロインで、タイトルが「オトナ女子」だなんて、「うわっ、狙いすぎっ!」とたじろいだのですが、 脚本が「結婚できない男」で、40代シングルをユーモラスにエンタメ化した、尾崎将也のせいか、キャスティングも、とても合ってたし、 (友情出演の斎藤工と、キザ社長を演じる谷原章介に、プロ根性を感じた) リアルとファンタジー、ユーモアのミックスがほどよく、目の保養としても、なかな...
[2015/10/17 17:42] のほほん便り
VOL.1「幸せを掴みたい!!私は女子を諦めない」10.15 OA 40歳独身の中原亜紀(篠原涼子)は、恋愛アプリを手がける会社のキャリアウーマン。デビューを目指す年下のミュージシャン・伸治、愛猫のちくわと暮らしている。しっかり者だが恋愛では相手に尽くしすぎてしまい、な…
[2015/10/17 17:27] ドラマハンティングP2G
番組HP あんまり期待してなかったドラマ。 「ラストシンデレラ」を3話でリタイアしてるもんだからさ、、 あのような お気楽ラブドラマが繰り広げられるなら無理だわ、、と思っていたんだよねぇ。 でも、初回を観た限りでは、「ラスシン」よりは落ち着いた印象を持った...
[2015/10/17 09:40] Lee's Diary
    へ? これで終わり? ってことは、1話のゲストなわけね・・・・ はぁ・・・・・。 もっと、悪い男、やってほしかったよ。 なのに、なんだ、あのクサイ台詞は。 まりちゃんだったか、えりちゃんだったか、ふくちゃんだったか 忘れたけど、 面倒見てもらって、同棲してる、アキ(篠原涼子)の部屋に 女を連れ込み、やってるし。 あの状況で「打ち合わせ...
オトナ女子 第1話 IT企業に勤める40歳の亜紀(篠原涼子)は、メジャーデビューを目指す年下のミュージシャンと暮らしている。独身の萠子(吉瀬美智子)、バツイチで3人の子持ちのみどり(鈴木砂羽)とは、女子会を開いては愚痴を言い合う気の置けない仲だ。現在、アラフォー向けの「恋愛アプリ」の制作を手掛ける亜紀は、1990年代に恋愛ドラマでヒットを連発し、‘恋愛のカリスマ’と呼ばれた脚本家の高山(江...
[2015/10/16 09:38] 世事熟視〜コソダチP
フジテレビ系・木曜劇場『オトナ女子』(公式) 第1話/初回15分拡大『幸せを掴みたい!!私は女子を諦めない』の感想。 IT企業に勤める40歳の亜紀(篠原涼子)は、メジャーデビューを目指す年下のミュージシャンと暮らしている。独身の萠子(吉瀬美智子)、バツイチで3人の子持ちのみどり(鈴木砂羽)とは、女子会を開いては愚痴を言い合う気の置けない仲だ。現在、アラフォ...
「40才は女子じゃない」 ですねw でもメイン視聴者にケンカうっていいのかなと心配してたら、部下の女子たちは「結婚してないと惨め」と上司(篠原涼子)に聞こえるように言っ ...
[2015/10/16 01:38] ドラマでポン
   『オトナ女子』に平山浩行さんが出演します! 平山さんが演じるのは、出版社の編集者・池田優役。 池田は、高山文夫(江口洋介)が 恋愛ドラマの脚本を書いていたころからファンだったこともあり、 高山が小説を書いていることを知り、自分の手でその作品を出版しようと、 高山のもとに通います。 その一方で、偶然知り合った亜紀(篠原涼子)にひと目惚れして…という役どころ。 ...
    俳優の斎藤工が、15日スタートのフジテレビ系ドラマ 『オトナ女子』(毎週木曜 後10:00 ※初回15分拡大)に出演することが明らかになった。 同ドラマは、女優の篠原涼子が2年半ぶりに連ドラ主演を務める作品。 “オトナ”になっても“女子”であることを諦めない4 0歳の独身女性・中原亜紀(篠原)、大崎萠子(吉瀬美智子)、 坂田みどり(鈴木砂羽)の3人が、高山文夫(江...
最新トラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。